読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃべりVSだんまり!? 外国語で話すとはどういうことなのか・・・

こんにちは!

今日は「会話」とはなんなのかについて僕のいまの考えを

述べていきます。

 

僕は母国語である日本語だとおしゃべりなんですが

外国語である英語で話をするとなるととたんに口を閉ざしてしまう

傾向があるんです。

 

で、そのことについて考えていた時に

 

・「相手に伝えるためじゃなくて、自分のために話をしていた」

 

ということに気づいたんですね。

 

例をひとつ。

 

僕と同時期に留学した女の先輩がいたんですが、

その人はとてもおしゃべりで、ブロークンな英語を駆使して

ほんとうに楽しそうにいろんな人と話をしていたんですね。

 

で、最終的にはアメリカ人の彼氏まで捕まえて(笑)

その時もブロークン英語で楽しく会話していました(^∇^)

 

僕はそのときは

 

・「英語をきちんと話せない自分はダメだ」

・「英語をきちんと話せたら自分には価値がある」

 

という思い込みのもと生きていた時期なので

間違いをおかしそうなときにはだんまりになっていたんです。

 

だって、間違えたらもう自分はだめだ、っておもってたから。

 

で、ブロークンな英語を駆使していく先輩を敵視していた部分も

あったんですね。

 

・「あんなブロークンで人とつながって嬉しいのか」

 

と。(笑)

 

そのときは気付かなかったのですが後から

 

・「あ、俺ほんとは羨ましかったんだ」

 

ということに気づいたんですね。

 

どういうことかというと、じつは僕は本当は

 

・「ただ相手とつながりたい」

 

という気持ちを持っていたんですね。

 

だからミスを一切気にせず臆せずにどんどんお話を

楽しんでいく先輩の姿をみて嫉妬していたんです。

 

で、その時に僕は、

 

・「相手に伝えたい」

 

という動機からではなく

 

・「自分はきちんと英語を話せているから自分はすごい」

 

というふうに思いたいという動機から相手と話を

していた自分に気づいたんです。

 

つまり、冒頭の

 

・「相手に伝えるためじゃなくて、自分のために話をする」

 

という状態だったんです。

 

 

もちろんそんな状態で相手と深く繋がれるわけもなく(笑)

なかなかに思い悩んでいました(笑)

 

ですが一度そのことに気づき、その後も

何度かその部分と向き合わされながら(以前の記事にて・・(笑))

 

自分なりに「会話」について考えてきました。

 

で、現時点での僕の「会話」に対する答えは、

 

・「伝えることに100%全力を注げた時に相手と本当の意味で繋がれる」

 

です。

 

このことを意識しておくと言葉を問わず「会話」そのものを

楽しめるんじゃないかなと思います。

 

 

皆さんは、

 

 

・「伝えたい」

 

の一心から会話をしていますか?ヾ(@°▽°@)ノ

 


追伸 今回の記事は「会話」に難を感じている人に向けて書きました!

ある意味「ことば」を超越できたときに真の「会話」が始まるのかなあ

と思います。

「ことば」がない時代から人はつながってきたわけですし(笑)

ただ、現代は「ことば」の奥に潜む想いを大切にすることがなくなってきているんじゃないかなと思います。

自分も一人の人間として「ことば」と向き合い続けたいです。

 

そして、「ことば」と向き合うことは本当に楽しいですヾ(@°▽°@)ノ

まだまだ未熟者ですが(笑)