読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学上達が早い人は「○○をしない・・・」

こんにちは!!

今日は「比較」をしない語学学習について語ります!!

 

当たり前だけど語学が出来るようになりたかったら

ある程度時間をかける必要があるし、自分よりも先に

勉強を始めた人のほうが進歩も早いし、上手くて当然。

(言語間距離とかの話は置いといて…。)

 

ましてや「最初の最初」は2歳児以下のことしか外国語では

表現できないんです。

 

「これはお花です。」

「私はトムです。」

 

といった簡単なことしか。

 

ここで他人と比べて

 

「ああ自分はだめなんだ」

 

とか

 

「幼児レベルのことしか表現できない。もうやーめた。」

 

ってなっちゃう人が多い。

(独断と偏見(笑))

 

でも、他人と比較する必要は一切なくて大切なのは

自分が自分の目標を達成すること。

 

別に「花や魚の名前を表す単語」が自分に必要ないんなら

覚える必要なんかないし、覚えている人と比べて

 

「ああ、まだ自分は語彙が足りない」

 

と自分を責めることもしなくていい。

 

だって自分に必要ないんなら覚えたって仕方ないし(笑)

 

文法に関してもそうで、あくまでレストランで接客ができる程度なら

そんなに高度な文法なんか必要ない。

 

「おタバコは吸われますか?」

 

「現金でお支払いですか?それともカードで?

 

といったことを表すフレーズを丸暗記しておけば事足りる。

 

自分の目標が達成できたならもうそれで勉強は終わっていいと

思うし、修行僧のようにひたすら勉強を続ける意味もないと思う。

 

ただ、語学の勉強そのものが楽しいなら好きなだけやればいいとも

思うんです。

 

結局なにが言いたいかというと

 

・語学学習で他人と比較する必要は一切ない

・自分の軸をずらされる必要はない

 

ってことを伝えたかったんです。

 

「自分」を大切にヾ(@°▽°@)ノ